2007年04月21日

犬の皮膚病の原因

犬の皮膚病について、どんなことが原因となるのか?が気になったので調べてみました。


犬の皮膚病の原因はさまざまなのですが、ノミやダニなどのいわゆる寄生虫の類や、はたまた細菌、カビなどが原因となるものが多いようです。


他にも犬の体内のホルモンに関係する異常で皮膚病の原因となる場合があるようです。


犬が皮膚病となってしまうとやはりペットの犬自身もかゆみなどを伴うのでつらいと思いますが、飼っている飼い主も可愛がっているペットが大変そうにしているのを見るわけですから好ましいことではありません。


ではどうしたらこれらの犬の皮膚病となる原因を取り除けるのでしょうか?それは正直いろんな経路から感染するので完璧な対応はわかりませんが、それでもノミやダニなどの虫が原因の皮膚病だったら事前に虫を寄せ付けない首輪などのグッズを利用したり、犬のアトピー性皮膚炎などのアレルギーによる皮膚病でしたら、犬の食事を気をつけてあげるなどの予防策が多少なりとも可能です。


他には早期発見も犬の皮膚病の症状が軽いうちに対処できる為、大事なことだと思います。


それには犬の皮膚病を早く発見できると同時に皮膚の清潔さを保ってあげる為にもブラッシングが非常に大事になってくるようです。

毎日、手入れしてあげるとやはり変化にも早く気付いてあげられるし、一挙両得ですよね。
posted by 犬の皮膚病情報 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬の皮膚病の原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。